届けてください。

新年度に入り、学校全体での飲み会があった。

あたしと彼はその幹事の一員でもあり、いろいろ一緒に働いた。

当日、彼は新入生のなにやらで忙しく、他のメンバーは先に行ってしまったが、
あたしはまだ残ってた。

「今から向かいますけど、何か持ってくものとか、手伝うことあります?」
「いや、ないよ。もう直接行きます?」
「はい。何でですか?」
「いや、別にただ行くかって聞いただけです。」


このやりとりを、あたしたちの関係をしっている同期は聞きながら、笑いをこらえるのに必死だったらしい。
「あれさぁ、二人でいるときもあんなだったらやばいよ。笑
 ○○(彼の科目)教師はな~・・・。笑」



で、
「あと1分待っててもらっていい?乗せてってください。
 あとのメンバーは、本当自分勝手だよねぇ。」


なんかチョット役にたった感がして嬉しい。

「家の道大丈夫??」
 「はい!大得意です!!笑」


なんて冗談もかわしながら。。。

ホテルの駐車場はせまくて、彼が変わりに駐車してくれたり、
すごくかっこよかった・・・。

飲み会では、あたしは司会だったけど、思ったより緊張せずにできた。
忘年会の彼の司会より大分ましだった気がする。笑

席は彼の隣で、食べ物をとろうとしたらテーブルまわされたり、
歩いてたら背中をつっつかれたり、すごい楽しいの。

「酔ってるんですか?」
「酔ってないよ。普段の俺はこんな感じなの!」


だけど、仲いいひとにしか、やらないんだよね?
あたしは仲いいひとには入ってるんだよね?

また、からかい男に言われる気がしたけど、まぁ、、、いいんじゃない?笑


二次会の会場に行くときも、あたしは彼と一緒。

ところが・・・・

ホテルの人があたしのまん前に駐車して、出せなくて
でも、彼のおかげで、なんとかなった。

ステキ・・・

そのトラブルであたしたち二人は遅れて合流。

新入社員たちは1曲ずつ歌わされ、あたしのところにも・・・

「じゃぁ、コレでお願いします!」
「さすが、、、りんこ先生のエロさをみんなにアピールしてくださいよ。笑」
「別にそんなんじゃないですよ!!」


あたしが選んだのは、こーだくみちゃんの歌。

帰りも送っていけると思ったけど、彼を初め、若い男性職員は呼び出しがかかり、
ここでお別れ。


「お疲れ様でした。
 無事に終わってよかったですね。ありがとうございました!
 ウーロン茶は明日、約束どおり、先生の机の上に置いておきますね♪笑」


と、寝る前にメールして、おやすみ。

すると・・・

夜中1時半くらいに電話が・・・

「ウーロン茶届けてください!」
「え、今からですか!?」
「嫌ならいいんだけどさ・・・でも、明日起こしてくださいね!」


ちゃんと話しないうちにこうして会うのは気が引けたけど、
いっか!一緒にいたいんだもん。

家に上がると、もうきたの!?って言われた・・・はい!?

すごく急いできましたので・・・

酔っ払い相手に真剣な話をしても意味ないので、少し話をして、寝ることにした。
酔いがさめたのか、なんだか冷たい感じがしたのは気のせいかな・・・。

次の日はお互い早いから、すぐ寝た。

でも、あたしは寝てるとこ起こされてきたので、なかなか寝付けなくて・・・

寝返りをうつと、彼もあわせて寝返りをうつ。

あたしも眠さのためか、イマイチエッチな気分にならなかったので、
そのまま何もせずにいたけど、
キスを求められた。求められると、胸の奥がキューってなる。

いつもとは違う体制。

違うことが見える。

強要されるのは嫌いじゃない。

いつもとは少し違う攻め。妙にエッチでぞくぞくする。


最近は、エッチが終わった後、すぐにシャワーをあびない。
これは、少し嬉しい。

朝、お互いそのときのまま目覚めるのが好き。

「俺のパンツどこ?」

って、あたしが探してあげるの。

二度ねしてると、子供みたいに手をあわせておやすみの枕を作って寝てる。
可愛くて笑っちゃう。

寝起きにいたずらすると怒るけど、ほっぺにちゅうして、起こしちゃった。


三回起こしてようやく起きた。

大好き。

「じゃあ、あたし部活あるんで行きますね。」
「え、もう行くの?」


もう少しいて欲しかった?

そんな気持ちがあったらいいのに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック